スピードと質も大事!翻訳料金は計算方法と専門レベルがカギ

男の人

基本プランの確認

メンズ

文書やリストを翻訳してもらう時は、基本料金の確認とオプションも忘れずに見ておくことが大切です。また、1単語あたりの安さに特化するのではなく、サービスの質も考慮した上で総合的に判断しましょう。

もっと読む

ビジネスに役立つサービス

英会話

文書の把握

グローバルな社会に発展している今、ビジネスの拠点は国内だけにとどまらず海外まで飛躍しています。その海外でのビジネスを始める上では、様々な手続きや契約を行なうこともあるでしょう。基本的に海外での文書は母国語か英語になっているので、日本語のものとは勝手が違います。そのあたりを考慮し、内容を把握するための翻訳サービスが必要とされるわけです。翻訳サービスを利用すれば、手続きに記載されている文書から契約内容をしっかり把握した上でビジネスを進められるでしょう。内容をあいまいに理解したままだと、認識していない事項に同意することにもつながります。こうしたリスクを冒さないように、翻訳サービスをうまく活用して内容の理解に努めましょう。

相見積もりで比較

企業が利用する翻訳サービスは、目的や内容によって変わります。ですから、利用するサービスの性質が違うことにより、料金相場も変わってくるのです。基本的に翻訳は一語あたり○○円というもので設定されており、この単価を元に比較します。ただし、料金の設定は最低単語数が設定されていることもあるので、その単語数に満たない文書や契約書は請け負いしてくれない可能性もあるでしょう。このあたりは事前確認をしたうえで見積もりを行なう必要があるので、ひとつの会社に絞らず複数会社で見積もりを依頼するようにしましょう。

使い分けをしよう

最近は翻訳サービスをひとつの企業ではなくクラウドソーシングで依頼するケースも増えています。ここでは料金が比較的安く請け負ってくれるのでコストをおさえたい時にぴったりです。ただし、機密事項などが含まれる文書を訳してもらう場合は、情報セキュリティがしっかりしているところの方が安心なのでTPOに合わせた使い分けをしましょう。

一覧で確認する

困る男性

翻訳サービスは、専門会社ごとに単価も違いますし対応している言語も異なります。一覧で料金確認や納品スピードを比較しておくと、どのサービスを利用すれば満足できるかがわかるから便利です。

もっと読む

サービスの料金

オペレーター

翻訳サービスの料金を決定する指標となるのは、計算方法と専門レベルによることもあります。計算方式が違うとそもそもの単価が変わってきますし、一般文書と専門文書の違いでも単価が大幅に変わるので注意しておきましょう。

もっと読む